保険相談で様々なリスクに備える|転ばぬ先の杖を沢山持つ

説明

ガンでも入れる保険

ガンにかかる確率とその医療費

家族

国の調査によると、日本人の死因の3割はガンだと報告されています。昔は不治の病でしたが、今は医療の進歩によって治療できる病気となりました。しかしその発症メカニズムは未だ解明されていないのが現状です。陽子線治療など多くの治療法があり、医療費は高額になる傾向にあります。入院中の食事や娯楽代以外にも、個室ベッドを確保する場合に発生する差額ベッド代なども費用が必要になります。さらに、抗がん剤治療を行う場合では副作用による脱毛をケアするためのウィッグなども多額の費用がかかります。体力低下により、家事全般が行えなくなるため、日常生活でも外食が増える可能性もあります。このように、ガンは日本人にとって国民病であるにもかかわらず、多額の費用を必要とする病気であり、保険の加入による対応が効果的なものであることがわかります。

病気になってからでも入れる保険

医療保険は基本的に加入時の申告があるため、すでに病歴のある人は入ることができないと思っている人がほとんどです。しかし、実は再発が多いといわれるガンになった後でも入れる保険も存在します。誰でも入れる保険、引き受けてくれる保険というのは保険料が非常に高くなりますが、いくつかの条件下でそれよりも低価格で保障される保険があるのです。条件としては、ガンを患ってから一定期間が経過し再発していない場合や加入から数ヶ月など一定期間は保険料が割高になるものなど様々ですが、健康状態を問わず誰でも入れる保険よりは格安で保険料が設定されています。保険に入っているという安心感も精神的な安定につながりますので、入れる保険がないと思いこまず、まずは探してみることをオススメいたします。